10/16生誕祭

 

 

推しの生誕祭へいってきました。

まあ今日は訳あって突然お休みをいただいたのでつれづれなるままに(?)書いていこうかなと思います。

 

 

とりあえず結論から言うと

 

世界で一番HAPPYな女の子

 

でした(私が)

 

 

 

生誕祭なのになんでおまえが幸せなんだよと思いますでしょうが

とにかく推しの素晴らしい人間性と人望と外見の良さに圧倒的幸福を感じました。

 

 

まずは推しの生誕祭の概要ですがざっとこんな感じ。

 

1.記念撮影(まさかのオンリーオタクっていう衝撃の記念撮影)

2.乾杯(一人ずつ)

3.歌(PRINCESSPRINCESS、松浦亜弥となりのトトロ(!?))

4.公式HPの経歴を解説付きでさかのぼろうコーナー

5.プレゼントお渡し会

 

ざっくりこんな感じでした。

 

整理番号順に好きな座席に着き、ドリンクを買って着席しました。ドリンクは好きなときにカウンターで購入していたのですが、実際にカウンターに赴く人はほぼ皆無でした。すなわち、酒を飲みに来た私一人でした。ほんとにちらほら司会なくて私の概念がどうやら間違っていたようです。

 

推しの話しているときにカウンターに行くので、きっと素敵なファンは一字一句逃さずに推しの声に耳を傾けていたんでしょう。だめをたくですみませんでしたあ~~~~(お酒おいしい)

 

ちなみに当日の私の飲酒ラインナップは

推しオリジナルカクテル(ライチ+オレンジ+リキュール)

・ジンジャーゆず酒

・ジンジャーはちみつ梅酒

・サングリア白

・ジンジャーハイボール

 

圧倒的ジンジャー責めおいしかったです。余談ですが私はなんでもジンジャエールで割る癖があります、おいしいからです。(断言)

 

 

 

そして生誕祭自体はだいたい推しの経歴を推しが梅酒イッキし続けながら語るという非常にシンプルな内容でした。その経歴の合間合間にリクエスト曲を歌っていくという流れ。がち恋ソング多めでなく人もいらっしゃいましたが本物のがち恋の私は酒におぼれてへらへら爆笑してとなりのトトロで頭振ってたのでたぶんやばかったです。

 

 

経歴を語っている際、推しの「人間扱いされなかった」「もう二度とこいつらと踊ってみたなんてやらない」「追い込まれてた」などのネガティブワードを今非常に幸せそうににこにこ語る姿だけは私はとても涙したので語らせていただきたいと思います。

 

私は推しの約6年間の結成から解明までを全く知りません。だから経歴を聞いても初めてことだらけだし、推しが古株さんに同意や「これどうだったっけ?」と聞く姿を他人事のように眺めていました。だけど、一つひとつのつらいことを今は笑って話している推しの姿を見て、この人は今を幸せに生きてくれているんだというその事実だけでとても私が幸せでした。

 

そして、私がこの人を推していて一番うれしかったのは、この人は人の感謝の上に立っていることをいつも理解して行動している、ということです。人の支えや好意は意外と気がつかなくて、そして残念ながらとても残酷で見返り主義な物だって存在します。

私の推しは、それをすべて理解しているのだと思います。そして、迷惑を承知でたくさん無理なことを頼んだ自分を自責していながら、それでも自分のために生きています。でもその自責を感謝の形で今返していって、それ以上に彼は信頼されるように努めていて、なにより自分が出来ること、やさしくすることきびしくすることを一リーダーとしての形で返している、そんな姿が伝わってきました。

 

誰だって追い込まれてイライラする姿もあるし、やめたくなるし、ファンはめんどくさいしネットから出た人たちは同じ土俵の恐ろしさを知っています。その中で彼は自分を追い込んで追い込んで、だけどその追い込みの背景にかくされた責任や人への愛情や思いがあって、それをどうにかどうにかと這い上がってきたんだなと彼自身から教えてもらいました。その形がメンバーへの愛情表現だったり、ファンへの対応だったり、ダンスへのストイックさ、一パフォーマーとしてのクオリティ、リーダーとしての資質、サポーターとしての努力、上げ続けたらきりがないほどの形に表れているのだと思います。努力なのか、性格なのか、それとも天才なのかはまだわからないけど、こんな素敵な人に出会えて私は幸せだと泣きました。ガチ恋ソングでは泣かないのにおかしいな。

 

 

だから彼がふわりと笑ってお酒をのんで、「このときはね、たたかれたね~wwwww」といっている今の姿を許されるなら抱きしめたいほどに褒めたいし、愛おしくてたまらない。この人を推していることを全力で誇りに思う。大好き。

 

 

重めな感情を背にプレゼントのお渡し会へ参加しましたが、まあ案の定酔っ払ってるので記憶がほとんどありません。お渡し前は一部のみ推しのご両親が来ていただいていて、ご挨拶をしていましたので私も感謝を伝えました。この素敵な両親から、彼が生まれ育ったこと、とてもよくわかる素敵なご両親だと思いました。全力で息子を応援する姿に、そして応援してくれる人に感謝を伝える姿は親としてなかなかいないので、すこし新鮮に思いました。

 

そしてお渡しになりましたわたしですが、推しの好きなキャラクターのぬいぐるみをもって「おたんじょうびおめでと~!!!」と職業病の声をだして楽しんでたところまでははっきり覚えてます。

 

 

 

問題はこの後。

 

 

 

推しに名前をしれっと出したことは一度しかなくて、そこから二週間たっていて、さらに代行してもらったのもあるかわからないですが。顔をぬいぐるみから上げたとき、推しはまっさきにいいました。

 

 

 

 

 

私の名前を。

 

 

 

 

 

 

えええうぇえええええええええええええええええええええええええええええええ?????!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

ってなると思うじゃないですか。普通。初めての確定認知だよ、しかも推しの生誕で。夢にまで見た推しの生誕で、推しに認知してもらったんですよ。

 

 

 

 

なのに次に発した言葉は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、ねえこれ持ってる?」

 

 

 

 

 

 

ぬいぐるみの所持確認してんじゃねえよ!!!!!!!!!!!!!!!!もっとかわいいことかおいしいお店とか覚える能のキャパシティーを私に費やしてくれてんのにおまえなんでわかねえの?!?!?!?!?!馬鹿なの死ぬの?!?!?!!夢見てたのに?!?!?!?!?!

 

 

 

まあこんなそんなで推しに無事認知されていたのでありました。

これもまたしあわせの一部です。後から聞きましたが、私はどうやら両手で推しとブランコつなぎででぴょんぴょん跳びはねて最後大声で「だいすきだよぉ~~~~!!!!」といってハイタッチしてたらしいです。これが事実ならからり酔ってることを抜きにして痛いをたくです。でもをたくに「めっちゃかわいいじゃん」っていわれたことは死ぬほどうれしかったです。はいガチ恋~~~~~~~~~~~~~~!!!!

 

 

そして推しにいいたかったことは何一ついえませんでしたが、今度お手紙にしてたくそうと思います。次の現場では接触がないので、語り尽くせないのです。本人にこんな重いことつたえるのもちょっとあれだけど、在宅になる前にいえたらいいなあって思います。こうやって私利私欲な自分をたまにいやになりますが。私のことなんていいから推しに有益な時間を与えたいです。ほんとごめんなさいいつも無駄な時間使わせてって思います。突然のネガティブ。

 

 

 

 

あ、そういえば私の健忘禄として最後にプレゼントも

 

推しはすごくスキンケアに念入りで、色黒を気にしています。美顔器やパックを毎日している女子力型男子なのでまずメインとしてこちら二点。

 

 

美白にしようといった割に、美白はたぶん他の人も渡すしなによりビタミンの吸収とか透明感をあげたらオールマイティーにつかえるんちゃう?っていう発送からお渡ししました。

 

 

そしてファッションに非常に疎ください推しに服をあげたかったのですが私も負けじと疎しださしなので、ダンスの練習着に使い捨てられる物にしました。

 

 

一緒に買いに行った友達と別麺臭すごくない?って話になり、気に入らなかったら別麺んいあげていいよってカードに記載しましためんへらかよ。

 

 

 

そして

 

 

これがうわさのあいつです。私が演じたぬいぐるみ。これは来春でるのですが、一回り小さいサイズは偶然ヴィレバンでラスイチ買えたので計画にはなかったのですが押しつけてきました。さわり心地は低反発。とても良いです。

 

 

これにお手紙とバースデーカード、さらにバースデーブック(思い出や好きなところを50Pかけるガチ恋の代物)

 

そして

 

 

 

部屋が汚い掃除が出来ないという欠点がある推しにネタ半分怒り半分でいれましたごめんなさい。部屋頑張ってきれいにしな?!

 

 

 

 

こうしてプレゼントも無事渡し終え、にこにこしながら友達と帰ってる途中、酔っ払いは雨に打たれながら急に我に返ったのでしょうね。認知されていたことや、楽しかった時間を思い出して、渋谷駅までの道でまさかの

 

大 号 泣

 

 

 

なにはともあれ、三日前にいろいろあって行くことがいやになってしまって干そうとしていた生誕祭。

 

実は推しに出会って生誕祭があることを知って、そこから私は推しの生誕祭にいってお祝いすることがが目標であり夢でした。

 

そんな生誕祭のためにダイエットしたり、現場いってみたり、推しの生誕祭の動画みてみたりと、とにかく思いをはせていたなかで、自分の私利私欲のどろどろした黒い感情に病んで、干そうとしてしまっていました。

 

をたくの友達が背中を押してくれたり、引っ張って会場に連れてきてくれたおかげで、私はこの幸せな空間に立ち入ることが出来て、世界で一番幸せ者だなあと実感しました。周りに恵まれていることが私の長所で強みだと今でも思います。本当にありがとうございました。言い切れない感謝であふれてる。素敵な世界だとまた涙します。

 

そんななかで推しに出会えて、素敵な姿や過去を知って、さらに認知までされて、なんてったってわたしも誕生日だったから最高の誕生日プレゼントだなって感動しちゃったんでしょうかね。あふれ出る思いが涙で流れて、私はうまれて初めて幸せで泣きました。幸せで流す涙はこんなにも温かいのかと、雨足が止まない渋谷駅までの寒い道のりで思ったこと、きっと忘れないし忘れたくないなと思います。

 

 

まあその夢が叶ってしまい、今はモチベーション低下中でダイエットもしていないし、毎日が平穏でした。まあ家庭で色々あったり仕事で今回も色々増えていくので、すこし落ち着かせたいかなとは思っています。

 

 

 

とりあえず時間が出来たので、少しゆっくりと思い返してみました。

私って幸せ者だな。世界で一番HAPPYな女の子。ちなみにこれは推しのおかげで知った℃-uteの曲です。全部全部推しの生まれてきてくれたおかげ!世界で一番の私のセンターです。

飛行機と有給の都合上一部しか参加出来ませんでしたが、一部で断然によかったというわたしなりのレポへの見解がありますのでやっぱり私は幸せ者です。本当に素敵な一日でした。推しに出会えて幸せです。

 

 

 

 

お付き合いいただいてありがとうございました。痛いヲタクでごめんなさ~~~~~~い!!!!^^

 

 

 

だいすき!!!!!